坊さん座談会

〜仏教的にLGBTってどうなのか、聞いてきました〜


みなさんこんにちは。やる気あり美の金沢です。

お久しぶりの更新となります。お元気ですか?

今回、私の念願かなって、このお二人をお招きして座談会を開催することができました!

 

 

・・・

 

 

坊さん0 坊さん1 坊さん2 坊さん3

僧侶のお二人です!!

(左が本多さん、右が大澤さん)

 

 

 

嬉しすぎるで〜…。

 

そして、ビジュアル的に僧侶のお二人と合わせると面白いんじゃね、という理由で

太田4

やる気あり美のバケモンこと、太田も呼びました(ポーズ、スベッてて辛い)。

 

仏教的には、LGBTをどんな風に捉えられているのかを聞いて参りました〜。

あと、かなり無駄さある質問もしてきましたが、優しくお答えくださったお二人に感謝です…。

仏教の魅力が伝わればいいな、と存じます〜。お暇な時に、是非お読みください。

 

参加者

本多さん◯
本多さん 曹洞宗の男性僧侶。
大澤さん◯
大澤さん 曹洞宗の女性僧侶(尼僧)。
太田◯
太田 やる気あり美のゲイ俗人。
よう◯
金沢(司会) やる気あり美のゲイ俗人(OL)。

しらホイ

お寺の近くの公園にて収録いたしました。

 


「LGBTが」ではなくて、大体みんな地獄行き問題

金沢
本日は、お忙しい中ありがとうございます。初めに、僧侶のお二人から簡単に自己紹介をお願いできますでしょうか。
本多
熊本出身。本多清寛(しょうかん)です。カレーが好きです。
大澤
曹洞宗の尼僧の大澤香有(こうゆう)です。よく地蔵に似ていると言われます。
太田
…まさに、簡単でしたね。
しらホイ
金沢
これ以上ないくらいでしたね(笑)。ありがとうございます。本日お二人に伺いたいのは、仏教的にLGBTはどういう風に捉えられるのか、ということなんですけど、というのも、テレビで占い師が「同性愛者は地獄に落ちる」と発言しているのを見たのがきっかけなんですね。「コイツ、なかなか言うなぁ」と笑っちゃったんですが、「地獄」と聞いて、仏教では同性愛や性別適合手術をどう捉えるのかなぁ、と気になってきてしまったんですよね
太田
そうなんです。その話を金沢としている時に、たまたまお二人と知り合って、これは聞くしかない!となったわけです。本当に、今日はありがとうございます。
本多
いえいえ、こちらこそお招き頂いてありがとうございます。
大澤
ありがとうございます。楽しみにしてきました。
金沢
変なことを言うかもしれませんが、お手柔らかにお願いいたします。
本多
大丈夫です。何でも聞いてください。それでは、結論から言ってもいいですか?
太田
あ、もう、是非!
本多
えーっと、人間は基本的にみんな地獄にいっちゃうみたいなんですよね…。
しらホイ
太田金沢
!?
金沢
基本地獄なんですか!?
本多
仏教では、基本全員地獄いきってことになってしまうんです。「こういうことをしたら地獄に行きますよ」っていうのがたくさんリストアップされているんですが、現代人なら、ほぼほぼやっていますよ、ということばっかり書かれているので。一つくらいは絶対引っかかっているんです。例えば、お酒飲んだら、釜茹でにされた油を飲む地獄に行くことになる、だとか
太田
それは、もう終わりですね。
しらホイ
金沢
不可避感ヤベぇ…。現代人ならほぼ全員地獄行き確定ってわけですね。もはや、同性愛だから地獄うんぬんとか関係なくなりましたね(笑)。ちなみに、どうにか地獄行きを逃れる方法ってないもんなんですか?
本多
友達がいて、追善供養をやってくれると救われます。
太田
ついぜんくよう?
大澤
亡くなったあとに、その人のためを思って自分がよいことをする。
金沢
あ〜。追善ってのは「追う」に「善い」ってことですか?
大澤
そうそう、そうです
本多
要するに先祖供養なんかの法事ですよね。法事をするってことは亡くなった人を思い出すってことです。その「おもう」ことが大切で、誰かに思われる人は地獄にいかないよってことです。
太田
ヤベぇ…。思われる自信無さ過ぎ…。
金沢
売ってないかな、「OMOI」…。
大澤
絶対、お二人ならそんなことないですよ(笑)。

 

 

LINEで送る